育児、子育てママ応援サイト!メイキーズメディア

赤ちゃんが鼻づまりになった時の対処法

360969 fan!

苦しそうな鼻づまり…こんなときはどうしたらいいの?

赤ちゃんが鼻づまりになった時の対処法

赤ちゃんが鼻をつまらせて息も苦しそう。母乳やミルクもあまり飲もうとしない。こんなときはかわいそうで、少しでも楽に呼吸できるようにしてあげたいですね。

今回は鼻づまりの原因や対処法をまとめてみました。

赤ちゃんは鼻づまりになりやすい?

赤ちゃんはもともと鼻水が出たり、鼻がつまったりしやすいので、軽い症状であれば心配ありません。

その原因は、赤ちゃんの鼻腔が大人よりも小さい上に、粘膜が敏感で刺激に慣れておらず、ちょっとの刺激で鼻水が出やすくなっているからです。鼻腔が狭いため鼻水が出るとズーズーと音がして苦しそうで、窒息しないかと心配になりますが、ご機嫌であったり、よく眠ったりしているようであれば赤ちゃん自身はあまり苦しくはないようです。

1~2ヶ月のころはこのような鼻づまりの症状がよく見られますが、3ヶ月くらいからはだんだんと解消していきます。また、空気が乾燥していても鼻づまりが起きやすくなりますし、身近にタバコを吸う人がいるとひどくなったり長引いたりする傾向があるようです。
もしタバコを吸う人がいたら控えてもらうか、喫煙場所で吸ってもらいましょう。

ほかには、鼻水や鼻くそが鼻の奥につまってしまって呼吸しづらいときもあるようです。こんな状態が疑われるときには、綿棒やこよりをつかって鼻の入り口をくすぐり、くしゃみをさせてあげましょう。すると、つまっていたものがとれて鼻がすっきりすることがあります。お風呂上りや泣いたあとなど、つまっているものが柔らかくなっているときが取れやすくなります。

診察を受けたほうがいい?

上記のような時期的な鼻づまりであれば、赤ちゃんが元気であれば診察の必要はありません。それ以外に、風邪を引いてしまったときには鼻粘膜が充血したり、むくんだりしてしまうので鼻がつまりやすくなってしまいます。
風邪の場合、体内に入るウイルスや細菌を追い出そうとしてたくさん鼻水が出てきます。
鼻水を出すことによって風邪の細菌と闘っています。

発熱がなく、機嫌もよくて食欲もある、というようなときには家で静かにしてようすを見ていて大丈夫でしょう。入浴も大丈夫です。お風呂の湿気で鼻づまりが楽になることもあります。

一方、診察してもらった方がよいのは、鼻水がサラサラでなく、黄色や緑色がかってきたときや、発熱があるとき。
また、生後3ヶ月ぐらいまでの赤ちゃんは鼻呼吸しかできません。
授乳中に顔色が悪くなる場合、寝ているときに呼吸が止まることがある場合には早めに病院に受診してください。

また、鼻づまりだけでなく赤ちゃんの全身の症状をチェックしてみてください。風邪を引いている場合はこまめに麦茶やお水、スポーツドリンクなどをあげて水分補給を。
離乳食が食べられる年齢の赤ちゃんなら欲しがるものを食べさせてあげてください。
気を付けたいのは、せきが出はじめてひどくなってきたときや、長引いているとき。
気管支炎や喘息ではないか病院で一度調べてもらいましょう。症状がきつくなっている、ミルクやおっぱいの飲みが悪い、離乳食を食べないなど、だんだん元気がなくなってきている場合は早めに診察を。

少しでも楽にしてあげるための対処法

苦しそうな鼻づまり…こんなときはどうしたらいいの?

鼻づまりで苦しそうなときには、部屋の湿度を上げるために加湿器を使うとよいでしょう。湿度を上げると鼻づまりが解消しやすくなります。
熱すぎないお湯につけて絞ったタオルを鼻に当ててあげるのもよい方法です(鼻の穴がふさがれないように注意してください)
また、鼻の付け根を優しく揉んであげるのも効果があります。

起こしている方が寝ているよりもつまりにくいので、抱っこしてあげるのもよいですね。
鼻水が多く出て呼吸しづらそうなときには、吸ってあげるのが一番です。鼻吸い器は新生児からでも使えます。
もし心配なようでしたら病院で使用しても大丈夫か確認してください。
鼻吸い器の吸い方の注意点は、少しづつ何回かに分け、強く吸いすぎないようにすることです。
その場合、鼻水を柔らかくして取る、という方法もあります。
ペットボトルに水500㏄と重曹25グラム・食塩5グラムを入れてよく混ぜて溶かし、その溶液を2滴から3滴、鼻の中に少しだけ垂らしてから鼻水を吸ってあげるといいようです。薬局で頼めば作ってくれる場合もあります。

■口で吸引するタイプの鼻吸い器
ママが吸い込む力を調整しやすい
引用元:「ママ鼻水トッテ」(0歳から対象) 丹平製薬

引用元:「鼻吸い器お鼻すっきり」(0歳から対象)ピジョン

■ポンプ式タイプの鼻吸い器
手でポンプを握るだけなので手軽
引用元:「鼻水キュートル」 鼻水が戻らない逆流防止弁付き(チュチュベビー)

■電動の鼻水吸引機
電動式は吸引力が高い
引用元:電動鼻水吸引機「メルシーポットS-503」

などの商品に人気があるようです。
頑固な鼻水の場合は耳鼻科でも吸ってもらえます。
中耳炎の疑いがある場合も耳鼻科へ。

鼻水をふき取る際には柔らかい布で軽く取ってあげて、ティッシュなど固めのものでこすらないようにします。鼻の下が刺激で赤くなってしまったら、保湿クリームなどをつけてあげましょう。
また、六ヶ月以上の赤ちゃんでしたらヴイックス ヴェポラッブが使用できます。
ヴイックス ヴェポラッブの有効成分は、dl-カンフル、テレビン油、l-メントール、
ユーカリ油、ニクズク油、杉葉油。
抗ヒスタミン剤など眠くなる成分は入っていないので、赤ちゃんがフラフラと眠くなったりすることもなく安全。
1日3回まで、塗ってあげることができます。ドラッグストアで購入できますよ。
血行を良くしてくれて、体を温め、鼻づまり・くしゃみなどのかぜなどの諸症状を緩和してくれます。
外用の治療薬なので薬が飲めない赤ちゃんでも大丈夫。
胸やのど、背中に事前に温めた指先や手のひらでヴイックス ヴェポラッブを優しく塗ってあげると鼻づまり・くしゃみなどのかぜに伴う症状を緩和する効果があります。
ママが授乳中でも使えますが、妊娠中や妊娠していると思われるママは医師や薬剤師さんに相談してくださいね。

しぼったばかりの新鮮な母乳をスポイトなどで鼻に入れ、軽くもんであげると、鼻づまりが解消する場合もあるようです。母乳には炎症を抑えるなどの効果がありますので、解消できるのかも知れませんね。

おわりに

毎日子育てお疲れ様です。

つい何ヵ月か前まで、お母さんの子宮の羊水の中で守られてゆったり過ごしていた赤ちゃん。その安全な世界から出て呼吸をするようになったばかりですから、まだ鼻の粘膜が発達せず、刺激に弱いのも仕方がないことかもしれません。

小さな体で苦しそうにしているのは見るのもつらいことですが、鼻づまりは成長とともに解消していく症状の一つですので、あまり心配しすぎないようにしてくださいね。

↑いいねすると、メイキーズのお得情報が届きます!